愛知の海で釣りはじめました。

釣り初心者の釣行記録や雑記です

8月17日 豊浜釣り桟橋

8月17日 豊浜釣り桟橋 13時〜20時   晴れ  風やや強め   大潮

 

この日は特に狙いも用意も無く、なんとなくフラフラと豊浜釣り桟橋まで釣行に出ました。

釣行に行く際は、前日にある程度準備をしてから出かけるのが私の常なんですがこの日はなんの用意も無く、お昼頃にタックルボックスと竿、クーラーボックスを車に乗せて豊浜釣り桟橋まで車を走らせました。

 

現地に13時頃到着すると、予想通り桟橋の上はかなりの釣り人で賑わってました。釣り座を探すのに苦労するかなと思ってたのですが、桟橋に入ってすぐの所で丁度帰り支度をしていた親子の方が居たので、その場所に釣り座をとる事が出来ました。

 

出来ればちょい投げをしたかったのですが、風が結構強く人も多いので状況的には微妙。風が無ければ近くの自販機でイシゴカイを購入しようと思ってたのですが、とりあえずサビキをしてみる事にしました。

 

タックルボックスの中からサビキ仕掛けを探してみると、思ったより使えそうなサビキ仕掛けが少なく準備不足を少し後悔しました。

小さめの針で様子を見たかったのですが、一番小さいサイズでも4号のママカリ(サッパ)用しか無く、次が5号のアジ用だったので、とりあえず5号のアジ用のサビキ仕掛けを使ってみる事にしました。

 

サビキの餌はタックルボックスに入れあったアミ姫を使うつもりでしたが、周りの状況を見る限りサビキで魚が上がってる様子が無かったので、時合いがくるまではなるべく温存の方向にして、なんとなくサビキの一番下の針に垂らし2cmほどのパワーイソメを付けてみました。(パワーイソメは数種類、常にタックルボックスに入れてます)

 

パワーイソメを付けたサビキ仕掛けを底までゆっくり落とすと、コンコンと小さなあたりを感じましたが、針に掛かる様子が無かったので、竿をもう一本だして胴突きの仕掛けも準備する事にしました。

 

胴突き仕掛けは自作の仕掛で3本の針が付けれる用にしてありますが、この日は3本共キス用の流線針4号を付けました。

餌はパワーイソメ中の赤色を使用しました。

 

胴突き仕掛けを投入してすぐにまたコンコンと小さいなあたりがあり、今度は針にかかったのであげてみると、キングオブ外道のクサフグでした。

 

ハリスを噛み切られる前にさっさと針を外してフグには海に帰ってもらい、再度仕掛けを投入するとまたもやコンコンと小さいなアタリがありました。

またクサフグの予感がしていたのですが、予想に反して顔を見せたのはカワハギでした。

 

思ったよりも幸先よくスタートを切れた事に胸を踊らせましたが、その後はぱったりとアタリも無くなってしまいました。

パワーイソメから活き餌のイシゴカイに変えれば状況が好転するような気がしたのですが、ちょい投げが出来ない状態ではイシゴカイが大量に余りそうで勿体ないと思って買いに行くのをやめました。

 

そんな時、隣で釣りをしていた人に話しかけらました。とても感じの良い方で色々と話し込んでしまいました。

私が初心者である旨を告げ、色々と質問していたのですが、とても丁寧に色々と教えてくれました。

 

その後胴突きをやめて、仕掛けをちょい投げに変えてパワーイソメでちょい投げに少しチャレンジしたのでが、やはり風が強いのと人の多さで快適では無く、根掛かりで仕掛けをロストしたのを機にちょい投げは諦めました。

ちなみに、ちょい投げではチャリコしか釣れませんでした。 

 

その後はちょい投げの竿にもサビキ仕掛け(ママカリ4号)を付けて夕まずめまでひたすら待つ作戦に変えました。

 

正直、何がなんでも釣果を上げたかったらちょい投げを続けたり、場所を変えたり、他にも手はあったと思いますが、この日は隣の人と話しが出来たので、時々喋りながらのんびり待つ事が出来ました。

 

そのお隣さんはトリックサビキを使ってたのですが、すぐ隣の私の竿にはなんの音沙汰が無い状況でもコンスタントに鯖やチャリコを釣っていたので、今後私もトリックサビキを導入しようと心に誓いました。

 

ちなみにお隣さんは魚を食べないとの事で、釣った魚はリリースか欲しい人にあげてました。鯖に至っては血抜きをした後に頭と内臓を落としてあげていたので、本当に親切な方なんだなと思いました。

 

我が家は鯖を貰っても消費出来そうも無かったので、鯖は辞退したのですが、鯵は有り難く頂戴いたしました。

 

その後、夕方になって一瞬だけ回遊が回ってきた感じだったのですがすぐに終わってしまい。私は鯖1、アジ2の乏しい結果に終わりました。

お隣さんは夕方から海面をライトで照らしてたり、コマセを撒いたりと魚を集める手を打っていたのですが、私の方までライトの光がくるようにして私の前にもコマセも撒いたりと親切にしていただきました。

残念ながら私の腕では釣果に結びつける事が出来ずにちょっと申し訳なかったです。

 

最終的に私自身は乏しい釣果で終わったのですが、親切な隣の方のおかげで色々と話しを聞いて勉強になり楽しい釣行となりました。

ちなみに鯵も沢山頂きました。

 

親切なお隣さんは豊浜釣り桟橋には時々来ると言っていたので、また会えるのを楽しみにしてます。