愛知の海で釣りはじめました。

釣り初心者の釣行記録や雑記です

8月24〜25日 常滑港〜りんくう釣り護岸

常滑港  8月24日21〜24時  曇り時々雨

りんくう釣り護岸  8月25日4時〜9時  晴れ

 

常滑港とりんくう釣り護岸に車中泊をしつつ釣行に行ってきました。

24日土曜日は仕事が終わってからお風呂やご飯を済ませて、釣り具屋(イシグロ)に餌や仕掛けを買いに寄り、常滑港に到着したのが21時頃だったと思います。

常滑港には先行者が何組かいたのですが、それほど混んでなかったので、先行者からは少し離れた場所に釣り座をとり、アナゴ狙いでぶっ込み仕掛けの竿を2本出しました。

餌は自作のサンマの塩漬けです。

 

21時頃に竿を出して、24時ぐらいに納竿したのですが結果は坊主でした。ぶっ込み以外にも虫ジグ、ジグサビキ、サビキ等色々やってみたのですが小魚1匹もかからないツルッツルの丸坊主でした。

 

サビキの為に海面をLEDライトで照らしていたのですが、小さなワタリガニはやたらと寄ってきてました。

 

ー明日があるし、まぁ良いさー

 

と、常滑港は諦めて車をりんくうのコインパーキングに入れて車で仮眠を取る事にしました。

目覚ましを4時にセットしていたのですが、夜中でも結構人の出入りがあり、3時ぐらいに人の騒ぎ声で目が覚めました。

 

早く魚を釣りたい気持ちが抑えきれず、もう寝れそうにも無かったので準備をして護岸に向かう事にしました。

 

3時半ぐらいに護岸を歩いていたのですが、ポツポツと釣り人は居ました。しばらく歩いて、高速を少し超えた場所に釣り座をとりました。

 

すぐにちょい投げの準備を済ませましたが、辺りはまだ暗く、しかも風が強かったのでとりあえず風が弱くなるか少し明るくなるまで休憩をする事にしました。

 

4時過ぎまで休憩していいたのですが、待ちきれなくなりちょい投げを始める事にしました。

ちょい投げの仕掛けは片天秤にナス型重り8号を付けて、自作のキス針5号2本の仕掛けで、餌はイシゴカイです。

 

何投か投げてみるものの、アタリは無く非常に嫌な予感がしましたが、朝マズメに期待をしてちょい投げを続けていました。

 

先々週に来た時は結構なペースでアタリがあったのに、今回はさっぱりアタリがありません。

 

日の出を過ぎて、時間的には朝マズメを迎えても良い時間帯になっても一向に状況はかわりませんでした。

 

気がつけば護岸はかなり混雑してきていて、私のすぐ近くの両隣にも人が入ってきてました。

 

イシゴカイを使ったちょい投げで、こんなに渋い状況になるとは思ってもいませんでした。

 

ひたすらにちょい投げを続けてみるものの、時々数センチの小さなハゼが釣れるだけで、クーラーボックスは空っぽのままでした。

 

周りを見渡してみると、投げサビキではそこそこ魚が釣れているようでした。多分、サッパだったと思います。

 

キス狙い来ていた人に話しかけられたので、少し話しをしましたが、やはり相当渋いようでした。

 

釣れない原因を考えてみるものの、先々週と今週の違いと言えば、片天秤のメーカーが違うのと、キス針が4号から5号にサイズアップしたぐらいしかない。

 

うーん、このまま粘っても結果は一緒だろうと9時に諦めて納竿しました。

 

クーラーボックスは見事に空っぽでいつもより軽いはずなのに、帰りの車に向かう足取りは妙に重かったです。

 

クーラーボックスの掃除しなくても良いからラッキーじゃないかと自分に言い聞かせ、疲れた身体をお土産に帰路につきました。

 

それにしても、りんくうの海が去年よりもかなり汚れてるような気がしました。絵の具の筆を洗った時のいろんな色が混ざって緑と茶色の中間になった時のような色の海でした。

 

時期的なもので一過性だと良いんですが、、、

 

ここ数日この坊主釣行の原因を考えていて、ふと思い出したのが、キス針5号に糸を結ぶ際、針がハリスからすっぽ抜けないように結束部分(針のチモト付近)にアロンアルファを少し付けた事を思い出しました。

 

自作の仕掛けを作るのに、針とハリスを結ぶのはハピソンの自動針結び器を使っているのですが、いかんせんキス針4号5号あたりは針のチモトも小さく、時々結束が緩いとちょっとの力で針がすっぽ抜けてしまう事がありました。

ハリスにはエステルの1号を使っていますが、少し大きい魚がかかった時もハリスが切られるよりも、針がハリスからすっぽ抜ける事の方が多かった為、対策としてアロンアルファを垂らしてみたのです。

 

そういえば、去年も同じ思考を辿ってアロンアルファを垂らしてみたものの、その後の釣行でアロンアルファを垂らした針にはあたりが減った気がしたので、念の為アロンアルファを垂らすのをやめた記憶が蘇りました。

 

結構些細な原因が釣果に影響を与える事もあるような気がするので、針とハリスの結束部分にアロンアルファを垂らすのはやめようと思いました。

 

来年はちゃんとおぼえてますように!