愛知の海で釣りはじめました。

釣り初心者の釣行記録や雑記です

8月31日〜9月1日 豊浜釣り桟橋 前編

8月31日21時〜9月1日9時  晴れ  気温  適温   風 快適  潮  大潮

 

8月31日〜9月1日にかけて豊浜釣り桟橋に釣行しました。

 

この日も仕事が終わり、帰宅後にご飯とお風呂を済ませた後に釣りに行くべくせっせと、しかし今月5回目の釣行という負い目から忍者のようにコソコソと荷物を車に積み込んでました。

 

ここで様子のおかしい私に気づいた妻から

「また釣り?」

と強めの質問がきまたしが、

「そうだけど、どうかした?」

と、平然とした態度で逆に質問で返すと言う神対応で切り返しました。

 

休日だから当然釣りに行きますけど!って強気の態度です。一か八かの勝負にでました。

 

基本的に妻は私にさほど興味は無いので、休日に私が別行動をとる事自体には文句は無いのですが、たまには家族で出かける事も必要だと言うスタンスです。

 

確かにに先週も釣りに行ったし、つーか毎週行ってるけど、お盆休みに家族サービスをしたので、多分妻の脳内で今月の私の釣行回数はリセットされてるだろと踏んでの強気の態度です。

 

どうやら吉と出たようで、妻も

「ふーん」

と言ったきり、すでに私の行動に興味を失ったようでした。ここですかさず、ETCカードを貸してと言って、見事にETCカードを妻の財布から召喚する事に成功しました。ミッションがインポッシブルした瞬間です。英語の意味は知りません。

 

さぁ、後は釣りに出かけるだけです。

すると、息子から

「また釣り行くの?」

と質問が飛んで来ました。

「あぁ、うん」

と、ちょっと小さめの声で答えましたが

ーまたとか言うのやめてー!  しょっちゅう釣りに行ってるみたいに聞こえるから!ー

と心の声で息子に念力を送ってみましたが、届かなかったようで

「めっちゃ釣りに行くね!」

と忌憚の無い意見が飛び出しました。

念力届かず、妻がピクッとしたように感じました。

 

くわばらくわばら、こいつはいけーねー、とっとと家を出るべきだと玄関に向かおうとした所で、今度はまさかの娘からの質問状です。

「えっ!、また釣りに行くの?」

、、、

デジャヴ?

 

もう、やめて!今さっき数秒前に息子とここで同じ会話してたでしょ! 妻、息子と君でもう通算3回目の質問ですよ!だから釣りに行くって言ってんだろ!

 

そんな驚いた感じで質問されたら、めっちゃ釣り行ってるみたい聞こえるからやめてよー!

バレるからさー、頼むよー、娘っこよー。

ほらー、妻のスマホ触ってる手が止まっちゃってるじゃん!

なんか考えてるよー。下手したら今日の釣り中止になるよこれー!

 

「明日、何時頃帰ってくるの?」 

 

妻から最後の質問です。ここで答えを間違えたら、車に積んだ荷物をまたおろす羽目になります。

私の頭上には暗雲が立ち込めて、ゴロゴロいってます。

 

「すぐ帰ってくるよ」

 

私のスーパーコンピュータが出した答えです。

具体的な時間は言わずに、丸くおさめる魔法のような言葉です。わはは、日本語万歳!

 

「明日、みんなでお昼ご飯食べに行くから午前中には帰ってきてね」

 

あぁ、任しとしてよ!徹夜で釣りをすれば、午前中に余裕で帰ってこれますよ。

 

徹夜で釣りをすればね!

 

最後に若干の制限が課されたものの、なんとか無事に豊浜釣り桟橋に向かう事が出来ました。

 

前置きが長くなりましたが、豊浜釣り桟橋には21時頃に着いたと思います。

毎度の事ながら、週末のここは郊外の繁華街より人で賑わってます。

 

いつもはちょい投げをするので、海に面した方に釣り座をとるのですが、この日は充分なスペースが無かったので、無理をせずに陸地に面した方に釣り座をとりました。

 

今回は新兵器のトリックサビキの威力を確認するための釣行なので、陸地側でも良いだろうとの判断です。

 

釣り座をとってのんびりと準備をしていると、

「隣、良いですか?」

と声をかけられたので、

「もちろんです。どーぞ、どーぞ」

と顔をあげたら、お盆休みの時ここで一緒になった親切な人でした。

「あーー、お久しぶりです!覚えてますか?」

と驚きと喜びで思わず、声が大きくなってしまいました。

 

お隣さんが覚えていてくれたかどうかは定かではありませんが、私にとっては渡りに船。

元々、今日のトリックサビキもお隣さんに影響されて導入したもの。

心強い人が隣になった事で、気分も上々に釣りを開始しました。

 

長くなったので、後半に続きます。

次回

 

釣果はいかに?   謎の老人集団、桟橋の上を縦横無尽に駆け回る!

 

みてね!